スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--| スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加  | Comments(-)

【特撮】オダギリジョーが戦隊&勇者シリーズを失笑した理由

1名無しさん@お腹いっぱい。2010/08/29(日) 14:00:58 ID:???0


オダギリ「酒は人間を変える怖い液体である 特に中学や高校の時は飲み方も分からずとにかく量に走る。(中略)
学校が終わると取り敢えず梅酒を一瓶と安い酎ハイを適当に買い、
友達とカラオケボックスへ向かう。一気を競いながら、酔い方も同時に競い合う。」
オダギリ「とにかく酔った者勝ちのあの世界では、暴れ方も尋常ではなかった。
カラオケを歌いながらモニターを蹴り倒し小爆発。部屋を駆けずり回り、
エアコンを蹴り落とす。天井に穴を開ける競争をする。照明器具は明るすぎるから叩き割る。注文した食べ物はただ投げ合い、ぶつけ合う。
たこ焼き合戦で部屋はソースだらけである。
最終的にはトイレに行くのも諦めて、観葉植物に肥料を注ぐ。代金は払わずに逃げた」

---その「クウガ」ですが、今のオダギリさんからすると、ずいぶんかけ離れてると思うんですが。
「あれは本当にやりたくなかったんですよね」
---(笑)!!
「いや、本当に(笑)。実は「クウガ」の前の年のなんとか戦隊だか勇者だかのオーディションに呼ばれた ことがあって。
そこでメチャメチャ暴れて帰ったんですよ。東映はもう一生僕を使わないだろうっていうくらい、暴れて帰った(笑)」
---ちなみに、どんなことを言ったんですか。
「『僕が演技の勉強をしているのはリアリティを深めるためであって、
そんな巨大ロボットが出てくる子供向けの番組でリアリティを持った芝居なんかできません』って(笑)」
---すごいですね(笑)
「審査員の人もブチ切れてて、つままれるようにして会場を追い出されました(笑) 」

なぜオダギリジョーは子供向けの勇者シリーズや戦隊シリーズを否定するんだ?



スポンサーサイト

2011/06/07| 特撮 | Comments(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加  |

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサードリンク
更新情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。